2014年8月29日金曜日

【夏の想い出2014】青の洞窟シュノーケリング

YAY!!
お魚見るのが楽しくてしょうがなかったぜん♫


アフタースクール、一日はシュノーケリングにも行ってみました。

バスがコンドに着くのが3時半。
急いで着替えて、4時にタクシーで10分のダイビングショップへ。

元々はその近くで、ビーチエントリーでのシュノーケリングを予定していたのですが、この日はあいにくの強風・・・・・。

車で30分ほど走った真栄田岬なら、風の影響なく潜れる、ということで、遥々ショップの車で移動。

この真栄田岬のビーチエントリーは、80段の階段を自分の足で降りていきます。
子どもたち、「終わった後昇るのが大変そう~」と言いながらも、いざ!
(シュノーケリングはいいけど、ダイビングの人たちは大変です。タンクを背負ってこの階段を昇り降り・・・・。ショップによっては、ガイドさんがタンク数台他器材を抱えてあげていました。それも大変そう~) 




なぎぜん、これが2度目のシュノーケリング。

初めては、カンクン沖のイスラムヘレスの、それはそれは美しい海で。
でも、その時は二人ともまだ少し小さく(2年前かな?)、そして泳げなかったので(汗)、恐怖心が勝って、すぐにやめてしまったのです。

今回、どうかなー?と思いましたが、二人ともスイスイ、ずんずん泳いでいきます^^



洞窟にも、入っていきましたよ。



洞窟の奥を見るとくらいだけですが、振り返って、入り口側を見ると、とっても美しい蒼い色が見えるのです。

青の洞窟、です。




この洞窟、ピークのシーズンと時間だと、狭い洞窟内に100人以上の人がひしめき合うのだとか・・・・。

私たちは、中途半端なお天気と時間に行ったのがよかったのか、もたもたしていたらか、洞窟内でのんびりしていたら、なんと最後は貸切に!^^


お魚の餌付けもできました。

魚がたくさん♫
クマノミもいたし、ツバメウオもいたし、かなり色々な種類の魚をみることができました。



下の方で水と戯れる私・・・・・^^;


これらの写真は、連れて行ってくれたガイドさんが撮ってくれたものを、買ってCDで送ってもらったものです。

私もハウジング持ってるんだけどな~。
子どもが生まれて以降、ダイビングもとてもする機会がないし、海でただ水中写真を撮るにも、ハウジングのスペースがパッキングの時に優先されるはずもなく・・・・・。

そろそろまた、海の楽しみも、再開したいな、と、ひそかに思うのでした☆



【夏の想い出2014】アフタースクール、沖縄で。



沖縄滞在中の6泊7日。
子どもたちは、朝7時40分に、コンドミニアムの下にお迎えに来るバスで、サマーキャンプに行きます。
戻ってくるのは、午後3時半。


夕方からの数時間、せっかくの沖縄滞在なので、少しだけでも遊ばせてあげたいなあ、と思っていました。
アラハビーチの立地も今回の滞在にちょうどよく、全て、徒歩かタクシー1,2メーターくらいで動き回ることができたし。

ということで、アフタースクールの数時間の、記録☆




私にとって一番ヒットだったのが、このベーカリー♪

道渡って目の前で、朝7時オープン。
朝食べるパンを買ったり、私のおひとり様ランチにサンドイッチを買ったり。
何度か通いました。





目の前のアラハビーチは、リゾートビーチとはやっぱり雰囲気が違いますが、まあちょっと過ごすのにはぴったりの、良いビーチでした。



バスケ、早朝から暗くなるまで、やっている人たちがいたなあ。
海を見ながら、気持ちよいでしょうね。
大人の相手がいたら、バスケしたかもなあ。



このビーチはあまりなぎぜんの気分が乗らず、盛り上がらなかったのですが^^;
こんな大きなシップもありました^^






アラハビーチは、遊ぶよりも、夕方眺めるのが素敵なビーチだと思います。

夕方、海に陽が沈むのを見られると、それだけで満たされた気分になります。
ああ、暖かい海の近くで暮らせたらなあ。。。





このビーチをちょっと右側に行くと、アメリカンビレッジという、ショッピングとレストランがたくさん入ったスポットがあります。

その近くに、ちゅらーゆという、温泉施設も。
ここ、プールとビーチと温泉がすべて楽しめるという施設で、結構よかったです^^


ママっ 逆立ちするからみて!!



ビーチは、サンセットビーチと言う名前がついています。
アラハビーチと続いている、たぶん1キロくらい?離れただけの場所ですが^^;

後ろに見える黒い入り口が、プールへの出入り口。
プールとビーチを自由に行き来できます。
ビーチからプールへは、入館料を払わないと入れないようになっていました。




砂の上って、気持ちいよね^^
砂に埋まるのは、かなり良いデトックスらしいです。



そして、ビーチで遊んで砂まみれの後は、軽くシャワーで流して、そのまま温泉へ~♫

露天風呂が温泉で、内湯はただのお風呂だったようですが、この外湯はお湯もよく、とっても気持ちよかったです。



さっぱりして上がった後は、なんと無料のアイスキャンデー♫
フレイバーも選べて、嬉しいサービスです。



プールとビーチと温泉とアイスを楽しんで、すっかりいい気分のなぎぜんと私。

次は、てくてくとあの観覧車を目指します。
この時点で、すでに時間は夕方5時半過ぎですが^^;



久しぶりの観覧車。
気持ちよかったね。

そして、「初めての」太鼓の達人。
かなり真剣、楽しそうでした^^;




いい感じの夕暮れです。

さて、何食べよう。

レストランはたーくさんあったのですが、もうなぎぜんはこの大きなかき氷しか目に入りません。
隣にあったホットドックスタンドで、ホットドックをお夕飯に(苦笑)。




そして、メインの、アイスマウンテン!!


本当に大きくて、美味しかった~~






毎日の食事は、基本的にコンドミニアムから徒歩圏で済ませていたのですが、その範囲で、沖縄そばや、美味しいマンゴー、いただいた塩ちんすこうなど、沖縄らしいものも楽しめました。

スクール以外の観光は初日以外できないしなあ、、、と思っていたはずが。。。
ちゃんと、旅行的要素も十分に満喫していたのでした^^







2014年8月28日木曜日

【夏の想い出2014】美ら海水族館




私らしからぬ更新の遅さですが・・・・。
沖縄滞在の記録を残しておこうと思います^^


日曜のフライトで沖縄入りして、翌月曜日からは、子どもたちはサマースクール。
金曜までスクールで、土曜のお昼のフライトで東京に戻るスケジュールです。

なので、せっかく沖縄に来たのですが、観光できるのは、この、那覇に11時過ぎについての午後のひと時だけ。

子どもたちに訊くと、美ら海水族館には行ってみたいと言うので、那覇から2時間半ほどもかかる北部のこの美ら海まで、予約した観光タクシーで、行って来たのでした。

途中、道の駅許田により、名護パイナップルパークにより(でもパークには立ち入らず、入場券も買わず、ルートの最後となるお土産やさん部分だけを逆走する形で・・・・^^; 観光タクシーのおじさんが、時間もないしパークにはあまり興味がないということで、そんな風に案内してくれたのです~)、パイナップルの試食をして、ちょっとだけお土産を買って。

美ら海水族館についたときには、すでに夕方3時半。
子どもたちも私も、かな~りお疲れで、ぜんは車内で寝入ってしまったところ・・・・。
でも、せっかくここまで来たのですから。

頑張って、観光しました^^;


みんな、つ、疲れてる。。。苦笑


4時に水族館に入り、4時半くらいのイルカのショーを見ることにしたので、なんと、水族館は、正味20分でまわりました・・・・!!(ぜんぜんちゃんと見てません、はい・・・・)


珊瑚を育てている水槽です。
沖縄の海を再現しているのだそう。


ぜん、声を出して威嚇してにらみ合いをして、
周りの人に笑われました・・・・。



これこれ、この大水槽・・・・!!
このジンベイがみたかったのです。

本当に、大きくて、圧倒されました。



もう完全にお疲れのなぎさん。


走るように館内を見て回った後、イルカのショーへ。
オキちゃん劇場、始まっていました^^;


オキゴンドウもショーをするのですね。
イルカさんたち、可愛い。賢いっ。


最後に、水をかけてほしい人、前に集まって~~。
と言われ、なぎぜん、最前列へ。

いくよー!せーのっ
バッシャーン!!
想像以上のスプラッシュで、Tシャツも帽子も、びっしょびしょでした^^;




そして、ねだられて買った、イルカちゃんのぬいぐるみ。
なぎぜん、ぬいぐるみが大好きなんです。
旅行に行くと、いつも、その地で出逢った動物のぬいぐるみを買っている気がします。
そして、ずっと、仲良くして大事にしています^^

また仲間が増えたね^^

ぜんのイルカの名前は、サクラ。
なぎのイルカの名前は、ハニー。
両方女の子だそうです^^




もっと時間があってゆっくりできたら、外のこんな公園エリアでも、思いっきり遊べたのに。
お隣のエメラルドビーチでも、ゆったり過ごせたのに。。

ちょっと残念な、北部への旅でした。


でも、まあいっか。
沖縄本島北部は、まだまだ見てみたい場所があるので、次に来た時には、ゆっくり時間をかけて巡りたいと思います。

今回、プランに入れていたのに行けなかった、古宇利島も、次回はゆっくり訪れたいです。




2014年8月25日月曜日

【夏の想い出2014】Me Time♪ in Okinawa




 夏休みの中盤、お盆の一週間は、私と子どもたちで、6泊7日の間、沖縄に滞在していました。

と言っても、観光ではなく、目的は、子どもたちの英語のサマースクール。


今回、英語キャンプについては、春の間に相当考えて調べたのです~。
帰国して一年。
子どもたちは、今でも会話やテレビは英語なのだけれど、アカデミックな英語には丸一年触れていません。
でも、特になぎは、また英語での教育に戻りたい希望があるので、その時までに、英語は勉強し続けておかないといけないし。。
でも、普段の学校生活の中で、英語を習いに行く、という選択肢はする予定もなく。
夏のキャンプくらいは、久しぶりの英語環境としても、入れてあげたいなあと思っていました。

近所のASIJ(アメリカンスクールインジャパン)のキャンプや、ニューヨークに行って、前行ったタウンのキャンプに入れるとか、いろーんな選択肢があったのですが。

日本で行われている、英語のサマーキャンプというのは、だいたいが、参加対象は日本人(英語を母語のように話さない子どもたち)。
カウンセラーとアクティビティ自体は英語ですが、何だか、遊びのコミュニケーション英語の輪に入れるだけのために、あの大金~?と思うと^^; それもなあ、、、、と。。。

英語人(と我が家ではいう、英語をネイティブのように話す人)の輪に入れてあげたいけれど、インター生徒のためのキャンプは、日本の公立学校の夏休み期間にはないのです。(たいてい6月から7月前半)
海外に送るには今回予算と時間がない。。

色々考え、参加する子が日本語人ばかりでも、アカデミックな英語の「勉強」をやってくれる、「サマースクール」にしたのでした^^;

子どもたちには、お遊びキャンプでなくかわいそうかなあ、とも思いましたが、遊びやダンスの時間もあるということだったし、目の前は沖縄の海だし、アフタースクールには、海で遊んだりできるし、バケーションかねて行けば、諸々取り?できるじゃん♪

ということで、LLCという英会話スクールが行っている、サマースクールイン沖縄、に決定♪



*****



ステイしたコンドミニアムは、沖縄中部北谷町の、アラハビーチの目の前。
ホテルでなく、ただのワンルームアパートですが・・・・この立地はよかった^^








ビーチで、お部屋で、カフェで。
ほとんどの自由時間を、本を読んで過ごしていました。

読んだ本は、本当にジャンルやらバラバラ^^;

〇薬剤師が勧める「現代養生論」
〇スノーデンファイル
〇Tuesdays with Morrie
〇Molly Moon's Incredible Book of Hypnotism
〇ネイティブ発想の英文ライティング







太陽の陽に当たることと、海に入ることって、健康上すごくいいことのように思えます。
少なくとも私は、海水に入ると傷がいえたり肌の調子がよくなったりするし、陽に当たると光合成したような元気な気持ちになる。


貴重な、1週間のひとり時間。
ありがたく、何もせずに、のんびりしたのでした♪
(洗濯や朝食の支度はしましたが)








その間、子どもたちは楽しくサマースクールへ♪
楽しめたようで、よかったよかった。